犬や猫のようなペットにもある椎間板ヘルニアについて

環境

大事な家族の為に

ペットを飼うということは、その動物を世話するのは飼い主だけになります。ですから、体調管理も必要ですし、病気になれば病院へ連れて行くことも飼い主の役割になります。
ですから、犬が椎間板ヘルニアになった時はしっかりと治療を受けさせてあげないといけません。
椎間板ヘルニアは、症状が悪化してしまうと歩けなくなってしまいますし、そのせいで肥満になってしまうこともあります。
特に短足の犬種は、椎間板ヘルニアになりやすい上に肥満にもなりやすいのでしっかりと体調管理や体重管理は行なったほうがいいでしょう。
病院へ行けば、その犬に合わせて適切な体重や体型を教えてもらえます。飼っている犬の世話は飼い主が行なうことなので、しっかりとそういった情報は知っておくことをお勧めします。

少しでも異常だと思ったら病院へ

飼っている犬が少しでも異常な様子や行動を示したら、放置するのではなくてちゃんと病院へ連れていくことをお勧めします。
病院へ連れていけば、何が原因で異常が発生しているのかを知れるので病院へ連れていくことは大事です。
しかし、飼い主によっては犬が異常を示しているのに放置してしまうことがあります。そういった状態で放置しておくと、手遅れという場合もありますのでちゃんと病院へ連れていってあげましょう。
椎間板ヘルニアは、早期治療を受ければ治る病気ですし、予防できるように世話することもできるので『おかしいな』と思った時はすぐに行ってみて下さい。