犬や猫のようなペットにもある椎間板ヘルニアについて

犬種

犬の椎間板ヘルニアについて

家族も同然の愛犬には、少しでも長く健康でいてもらいたいと誰もが考えます。
しかし犬は人間よりも早く老化が始まり、寿命も短い為飼い主が愛犬の異変に早期に気づく事が愛犬の長寿には欠かせない事です。
犬の病気で多い病名として、椎間板ヘルニアが挙げられます。
原因として運動を激しくしたり、老化などで骨自体がもろくなる事が原因で椎間板に過度な負担がかかってしまい、神経などが損傷する事で痛みを発症する病気です。
この病気に多い犬種として、ダックスフンドなどの足の短い犬種がかかりやすいというデータがあります。
痛みを発症すると歩きにくそうに足を引きずったり、階段などを避ける様になります。
いずれにしてもいつもと歩き方などが違う場合などは、早期に診察を受ける事が重要です。

日本におけるペットの平均寿命の伸びについて

人間の世界でも医療は1秒ごとに進化していると言われていて、ペットの世界でも昔は治療する事の出来なかった病気にも、画期的な治療法が見つかり平均寿命は年々長くなっています。
もちろん定期検診を受ける人が多くなった事や、ペットフードに気を使うようになり予防の面でも進化しています。
その中で重症化する事の多い、椎間板ヘルニアには症状の深刻さによって治療法が違います。
まず早期に発見した場合には、投薬などの内科的治療を行います。
そして歩けないなどの重傷化している場合は、人間の椎間板ヘルニアの治療と同じように外科的な治療を行う場合があります。
神経の機能回復を図る為に、最新機器などを使用して治療を行う為その後のリハビリなどにより、痛みを取り除く確率が高くなっています。
しかし何と言っても犬の椎間板ヘルニアには予防が必要で、日頃の肥満防止と激しすぎる運動などは控える様に、獣医師などが早期にアドバイスなどしています。