犬や猫のようなペットにもある椎間板ヘルニアについて

対応

命あることを忘れない

椎間板ヘルニアは、短足の犬種に多い病気ですが、他の動物もなる可能性は高いです。
人によっては、ただ可愛いという理由で飼い始める人もいますが、ただ可愛いだけという理由で飼い始めても人間と同じで生きています。
ですから、言葉は話せないけど感情はありますし、病気にだってなります。それに、餌をあげなければ死んでしまうでしょう。
このように人間と同じで生きているのですから、犬であっても他の動物であってもちゃんと世話するという意思を持っておいて下さい。
実際に、ただ可愛いだけという理由で飼い始めて大きくなってしまうと捨ててしまうという飼い主がいます。
そういった人達は、椎間板ヘルニアだろうが、他の病気だろうが関係なくペットを捨てるということを行なってしまうので年々ペットに関する問題が増えています。
こういった問題を増やさないようにする為にも、ちゃんと世話するというのを決めてから飼い始めることをお勧めします。

最寄りの動物病院

椎間板ヘルニアになりやすい犬種は、ダックスフンドやコーギーなども短足の犬種になります。
こういった犬種は、飼い主がしっかりと体調管理や体重管理を行なっていても年を取ると発症してしまうことがあります。
ですから、できるだけ定期的に診察を受けられるように最寄りの動物病院は探しておいたほうがいいでしょう。
最寄りの動物病院を決めておくことは、とても大事なことですので飼い始める前に動物病院はどこにあるのか知っておくようにして下さい。